ステーキハウス 浅草 松波

5-1

 浅草通り、浅草ROXの並びにある、「松波」です。前からあるのは知っていたが、食べたことの無いお店でした。

 だってそうでしょ 浅草 = 高い ってイメージがあるからね!

5-2

 鉄板焼き・・ステーキハウスらしい作り、落ち着いた雰囲気です。調度品にお金がかかっているようには、見えないですが、箱根の高級旅館もこんな感じだったので、風格を感じる人もいると思います。

もっと読む»
5-3

 マッシュルームのスープと、ガーリックトースト、サラダのお通し、胃袋を温めて、食欲増進!!

5-4

 車海老がビクビクビク・・っと、地球に宇宙人が攻めてきたら、人間もこういう運命か??
 深く考えると残酷!なにも考えないと、おいしそぅ!

5-5

 淡々と切り分けられて行きます、あぁ食べるところがどんどん減っていく・・・

5-6

 綺麗に並べられて、お皿に乗るばかり、海老もホタテも美味しい、白ワインがさらに食材の味を引き立てます。

5-7

 焼肉の部位は結構しっているんだけどねぇ・・ステーキの部位は、調べてから伺いました。
 ロイン=ロース、背中から腰にかけての、あばら骨の外側、牛の場合は称号サーが付く テンダーロイン=ヒレ(フイレ)、ロースよりもっと、腰に近づいた部分、柔らかいからテンダーなロインです。
 シャトーブリアン=ヒレ肉のの真ん中の部分、ヒレ肉でもっとも柔らか部位

 まぁウンチクはともかく、写真にもどります。いきなり、シャトーブリアンです。
 焼き上げながら、食感の違う部位を解体して、美味しいところだけに・・・あぁどんどん小さくなってい!!
 たぶん、「最高級特選黒毛和牛雌5番(とび)」のはず、軽く味が付いているので、そのまま頂けます。
 私は安い肉を食べる機会が多いので、「ヒレ肉」はあまり注文しません。まずい「ひれ肉」は食えたものじゃないです。
 このお肉は美味しかった、牛脂ひとつづつがきめ細かく、なんとも言えない噛みごごち・・、火の通った表面から、内部のレアな部分まで、噛みしめた時の、ジューシーな味わい、美味しいですねぇ

5-8

 サーロインです。綺麗なお肉ですねぇ、このお肉の筋や脂身の部分は切り分けられてしまうので、カットされた時は、80%ぐらいの大きさに・・
 つまり、200g頼んでも、食べるときは、油も出るので、150gになってしまう・・、まぁ美味しく食べるには仕方ないかも?
 焼き上がりは、油が多少乗っている程度ですが、テンダーロインを食べた後なので、食べ応えはあります。

 私の場合、何度も言いますが、高い肉は食べなれてないので、サーロインよりもっと肩に近い、リブロースを食べる機会が多いです。
 つまり、リブロースは同じ牛から取れた場合、かなり値段が安いんよ!

5-9

 隠れた人気メニューだそうで・・・う~ん、判りません。手を加えられているので、柔らかい肉質の貝なら、同じようなもんじゃないの??、巻貝より2枚貝のほうが味は上らしいからなぁ、でも鮑は1枚貝だね、まぁ美味しいものは美味しいのです。

5-10

 追加でテンダーロインを、しかし明らかに、さきほどの、シャトーブリアンとは、違う牛の肉だと思います。
 肉の臭いが違っていたし、味はもそれなりだし、だから私は、ヒレ肉はあまり食べないのです、 これだったら、肩ロースでもリブロースでも、もっと旨いだろう・・

5-11

 締めのガーリックライスです。硬めに炊いたご飯に、細切れの野菜とシラスを入れた、ちょっと和風の味
 練梅の付けあわせと一緒に美味しくいただきました。

5-12

 いちごのババロアと甘めのコーヒーです。

 今までの経験上、美味しい牛肉は思ったほど食べられないのです、なぜか安い肉だと、量が食べられる、 高級ロースの焼肉なども、3人前とか食べることはできない、どうしてなんだろうか?心理的なプレッシャーだろうか?
 なんかトラウマでもあるのか、それとも心理的な問題より物理的な問題があるのだろうか?

 ともかく、とっても美味しく頂きました。
 後付の調味料は使わず、そのまま頂いておりました、付けても、ちょっと追加の塩だけ・・美味しいかったんだなぁ
 次回は、鮑と、(スーパーとかスーパートップの)サーロインステーキが食べたいなぁ!

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

T: Y: ALL:
Created in 0.0806 sec.
prev
2010.4
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30