ELサインボード

ELサインボード
ELワイヤーを使ったサインボードを作ってみた。
 最近はやり?のELワイヤーを使ったサインボードを作ってみた。AVRも使ってみたかったのもある。
 Arduino unoと言いながら、AVRの ATtiny2313 を使っている。価格が殆ど変らない、ATmega328でも良いのだが、ピン数が少ない、ATtiny2313の方が、配線が楽なのと、ATtiny2313でArduino IDEを使ってみたかった。
 ソフトウェアの書き込みは、どこからかHardware.zipを拾ってきて、Arduino IDEがインストールされているフォルダのHardwareフォルダの中へ展開するだけ。
 これで、ATtiny2313がArduino IDEで使えるようになる。実際に使うには、 Arduino IDEのメニュー[ツール]–>[ブートローダを書込む]を選択書き込みが成功すればOKの筈。
 たいしたことしてないのだから、アセンブラで書け!とか言われそうだが、ヒューズビットとか、よく解らないので、Arduino IDEでチョチョイと書いてみた。
全体像

ケースに入れる前の状態、ケースは100円ショップの小物入れ。
AVR基盤

ATtiny2313の出力をFETのSW回路を用いて、LEDやELのドライバを制御
組み立て

ケースを探してから、作ったのでぴったり収まる
完成

ケースに組み込んで、アクリル板を取り付けて完成!
 部品代、700円配線材を入れても1000円以下で、マイコンが使える!夢の様だ!

Firefox では、「Microsoft Windows Media Player Firefox Plugin」が必要です。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

T: Y: ALL:
Created in 0.1155 sec.
prev
2014.10
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31