マイコン 開発ボード

開発ボード
必用な入出力を1つのボードに組んでみた
 ほとんどの場合、LCD Keypad Shieldがあれば、デバックが出来るが、LCDは表示が遅いので反応が速い物は、LEDか電圧スピーカー(ブザー)で確認した方が解りやすい。
 LCD Keypad Shieldは、利用するピンが、アナログ1個にデジタル7個(内1個は、LCDのバックライトのON/OFF)とピン数を食うし、スイッチのON/OFFにスイッチシールドを付けたり、PIN13以外のLED出力が必要な場合など、さらにArduinoから配線をしなければならない。
 もう、面倒なので自分用の開発ボードを1個組むことした。
Test_board

 電源ラインは3.3Vと5Vの両方が使える
 解放でONとOFFの2つのスイッチ
 I2C接続のLCD
(今考えたらI2Cの出力ピンを出すのを忘れている!)
 アナログ入力のスイッチ5個
 トランジスタによるLED4個(3.3V時にFET駆動用の電圧変換)
 トランジスタによる電圧スピーカー
 予定・FETによるスイッチ4個
 
 下の空いているところはまだ、考えていない。
 基盤が、中国製~~~って雰囲気ですねぇ・・・私が使っているセンサーやシールド系は、ほとんどAliexpressで買っているから、基盤もついでに買った物だと思う。
 LEDがやたらデカいのは、7mmのLED球を中国から500個単位で買ったが、使い道が無くなったので、3mm,5mmより優先して使うようにしている。 
 表題に使っているAVRマイコンボードは、秋月電子の「ATMEGA168/328用マイコンボード(I/Oボード)」150円に、ATmega328P-PUまとめ買い230円を載せたもので、必要な部品しかついていない。
 結構良い値段する、Arduino Unoを壊したくないからだ!




 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

T: Y: ALL:
Created in 0.1384 sec.
prev
2015.1
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31