周波数カウンタ 3

VICTOR VC3165
VICTOR VC3165 内部

 よもや、「周波数カウンタ 3」があるとは思わなかった。

 arduinoを使って、PWM調光器の素晴らしい物?を作ろうと思い、PWM周波数を変更すべく、コネコネしているうちに、実際の周波数は、本当に変更されているのだろうか?と、「0.1-60MHz 20MHz~ 2.4GHz RF Singal Frequency Counter Tester LED Meter Ham Radio Digital led Frequency tester meter」で、周波数を測ろうとしたら、測れね~~~~!
 プリアンプ部分が甘いのだろうけど、そこんとこを突っつくより、すなおに「VICTOR VC3165」を出して、計測した。
 PWM周波数は予想通り変更できたが、「VICTOR VC3165」を外して、仕舞おうとすると、コトコトと音がする。

 中国から購入した商品は、輸送時に内部が破損している場合もあり、気になったので開けてみた。
VICTOR VC3165 内部

 トランスのカバーが外れて、カバー上下して音をだしていた。
VICTOR VC3165 基盤

 内部は、予想以上に良い作りである。
トランス

トランスが入っている。
輸送時の衝撃に耐えきれず、カバーが外れた!
トランス

4点止めのトランスだったので、被害が拡大しなかったが、
2か所で止めるタイプだったら、トランスがケース内を跳ね回って内部が破損したであろう。

 「VICTOR VC3165」思ったよりつくりが良い、はんだは綺麗に載っている、部品の取り付けはそれなり~~だが、これが、1万円ちょっとでできる事にビックリ!
 純日本製だったら、4万円ぐらいするだろう。つまり為替は、$1=480円ぐらいでないと、日本で作った一般的な電子(電機)製品は、中国の製品に勝てない。為替が現状の4倍だとすると、国内の土地は中国人に買い荒らされてしまうだろうから、為替だけの問題では無く、グローバル経済のかじ取りは、はなんと難しいのであろうと!悩んでしまう。
 まぁ私が悩んでも仕方がないのだが、私を含めて、ダイナミックな転換が必要だと思った!
 
 「VICTOR VC3165」も日本の住宅事情?に合わせて、このままでも、レイアウトを考えれば、1/4ぐらいのサイズになるのに、日本人が作ったら、表示サイズは変えずに、1/8のサイズまで小さく出来るのではないか?と思う。このあたりが日本の生き残りの道なのか? 
 
周波数カウンタ 1万円!と言うだけあって、他のキットでは測れない周波数も難なく、計測できた「VICTOR VC3165」であった。

   

— posted by Mediamix at 12:00 am  

周波数カウンタ 2

周波数カウンタ
周波数カウンターキットをケースに入れてみた

 思ったような性能を発揮したが、1Hzあたりを入れると、1とか2など表示され、今一歩か?まぁ低い周波数は仕方がないのかもしれない、低い周波数を測るにはゲートタイムをかなり長く取らなければならず、ゲートタイムが長いと言う事は、表示が更新される時間も長くなる訳で、痛し痒しか??
 
ボタン1つで動作をセットするので、弄りまわさないとわからなかった!
 ボタンを長押しすると、PROG(と読めるかどうかは別として:以下略)モードに入る
 QUIT PROGモードを抜ける
 ADD  オフセット+ 現在の表示値を足して表示する
 SUB  オフセットー 現在の表示値を引いて表示する
 ZERO オフセットを0とする
 TABLE オフセットをテーブルから選ぶ(455、3.999、4.1943、4.4336、10.7)
 PSV/NOPSV パワーセーブモードON/OFF
 QUIT PROGモードを抜ける
 

このところ弄った周波数カウンタを纏めてみる
○「VICTOR VC3165 Radio High Frequency Counter RF Meter 0.01Hz-2.4GHz Professional Tester」
 1万円!と高いが、まともである、使えるが、凄く大きい!どのくらい大きいかと言うと、体積でHantekのDSO5102Bと言うオシロスコープぐらいある。
 それだったら、オシロに表示される、周波数の値を見た方が・・・・
 
○「0.1-60MHz 20MHz~ 2.4GHz RF Singal Frequency Counter Tester LED Meter Ham Radio Digital led Frequency tester meter」
 0.1MHzってのが・・・周波数レンジをLにすると、ゲートタイムが遅くなり、表示がまどろっこしい・・・精度については、微調整も付いているので、問題がないであろう??
 価格は、バラックで1530円
 
○ArduinoとTr1個で作る周波数カウンタ
 それなりに使える、持ってない場合重宝するかもしれない。価格はArduinoしだい、これもバラックだ!
 
○「DIY Kits RF 1Hz-50MHz Crystal Oscillator Frequency Counter Meter Digital LED tester meter」
 このページの先頭でとりあげ、ケースまで入れた周波数カウンター、バラックで961円、まぁ使えると言えば使える。安いし、私には十分かもしれない。
 
High Accuracy RF 0.1-1100 MHz 0.1-1.1 GHz Frequency Counter Tester meter measurement For ham Radio Digital lcd meter

 こんなのを買ったのを忘れていた、
○「High Accuracy RF 0.1-1100 MHz 0.1-1.1 GHz Frequency Counter Tester meter measurement For ham Radio Digital lcd meter」
 こいつもバラックで、1884円
 ゲートタイム 0.01、0.1、1.0 秒の3種類、やはり高めの周波数に強く、私のような低周波派には、使い勝手が悪そうだ。

まぁ、やるだけやったんで、自己満足には、浸れると思います。

   

— posted by Mediamix at 12:00 am  

T: Y: ALL:
Created in 0.0154 sec.
prev
2015.2
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28