JJRC H47 ELFIE って言うドローン

JJRC H47 ELFIE
JJRC JJR/C H47 ELFIE っていう、トイドローンです

 もうすこし、まともなドローンを買ったんですが、飛行練習の為に、Aliexpressで、$ 49.87 で購入しましたが・・・
 1カ月後、アマゾンで、3500円ぐらいで、うってました!が、いまは価格が上がっています。
 
 プロポじゃなくて、任天堂のヌンチャクコントローラーみたいなものでコントロールします。
 室内で使っている分には、なかなか壊れません。ぶつかりそうなときには、墜落ボタン?を押すことプロペラの回転が止まるので、プロペラを壊さずに回収できます。
 室外用ではないですね、GPSが付いていないので、風に流されるので、コントロールが難しくなります。
 カメラは付いていますが、録画媒体が無いので、スマホに送られてくる映像をスマホで撮影する形です。
 これは、一人で行うのがとても難しい、コントローラーがプロポじゃないんで、スマホをホールドしてシャッターを切るのが難しい、だれかに撮影の補助をしてもらうか、離陸前に、録画をスタートしておくしかないでしょう。
 何回も墜落させて、壊れたのは、プロペラ、本体のカバーのヒビ割れ、内部のLEDのズレでしょうか、プロペラは予備があり、本体のカバーのヒビ割は、問題なく飛行できますし、LEDのズレは、分解して位置を戻せました。
 
 トイドローンなので、飛行制限はなく、3500円で、バッテリー3本付き、充電は70分で飛行は7分、結構楽しめるドローンでした。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

カラオケ@DAM for Windows

BEHRINGER UMC404HD
写真は BEHRINGER UMC404HD! まだ、カラオケ で 悩んでました!

 「カラオケ@DAM for Windows」まだ、悩んでたんです!
 ソフトも更新されて、便利になってきましたが、マイクのサンプリングレートの指定が
「24ビット、44100Hz」または「16ビット、44100Hz」または、「24ビット、48000Hz」または「16ビット、48000Hz」
と決まっています。
 
ショボいマイク(たとえば、カラオケ@DAM for Windows 推奨のUSBマイク)とか使えば良いんでしょうけど、好きなマイクで歌いたい!
となると、USBオーディオインタフェースが必要になってきます。
Amazonなんかでも色々と売っていますが、なかなか良い物はありません。
結構よかったのが、Sound Blaster X-Fiですが、結局アナログのマイクアンプを付けなければなりません。大げさなんだよね・・・
しかもマイク入力はステレオ・・・最近のPCのマイクインの端子はステレオで結構ビビリます!
 
エコーは、「カラオケ@DAM for Windows」のソフトウェア側で制御されているので、単に、マイク入力が出来ればよいだけなんですけど、
Lowノイズでダイナミックマイクを使いたいとか、まともなコンデンサマイクを使いたいとなると、USB対応のマイクアンプが欲しくなります。
 
色々と試した結果、いままでで、一番シンプルで簡単で安い物を見つけました!
BEHRINGER UMC404HD
 電源はUSBから給電可能、マイク 4本対応で、LINE 1,2 が マイク1、LINE 3,4 が マイク2に割り当てれらます。
 ( BEHRINGERのサイトでドライバをダウンロードして、インストールする必要があります。)
 ちなみに、価格はサウンドハウスで10800円税別送料込み!しかも翌日届く!デリバリーがすごい! 
「カラオケ@DAM for Windows」のエコーは高音がキンキンと感じるので、DFXオーディオエンハンサのイコライザで調整しています。
これでスッキリとした環境で、「カラオケ@DAM for Windows」が使えるようになりました!
 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

T: Y: ALL:
Created in 0.0164 sec.
prev
2018.8
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31