[ カテゴリー » インプレッサ ]

ガソリンの誤給油 JOMO環七江北店

誤給油の案内
冗談じゃない話! 私の車はハイオクなんで 当たらなかったけど・・

 怖いなぁ、私の車だったら、走っちゃったら修理代100万円コースじゃないの?エンジン下ろしてばらして洗浄してほしい。10万円ぐらいもらって、燃料系のラインを洗浄しただけだったらイヤだよ!。
 空燃比が変われば、焼きつきおこしたりするし、だいたいガソリンに不純物(添加剤含む)を入れるとノッキングの発生が増えるんだから!
 タンクが空にならないと入れない私なら給油時に気付くと思うけど、10~25%ぐらいの水の混入だったら、なんか調子悪い・・調子悪いって走っしているうちにエンジン壊しただろう。
 私のインプレッサはコンスタントに燃費5Kmなんで、セルフで給油しているとき、一度給油が自動でとまってから、チョロチョロと1Lぐらい給油するので、その時の匂いで気が付くだろう。
 本当に変なのに当たらないで良かった!

— posted by Mediamix at 12:00 am  

パワーグラフ 2

 再度、SA東京ベイ東雲へ、計測する方が前回と違う・・・指名できませんの??
 また、本日はお日柄も良く、とっても暖かい・・・前回は17℃-977hPaで、今回は36℃-955hPaです。補正がかかるとは言え、インプレッサは気温ですごくパワーの出方が違うのに・・・・

7-1

もっと読む»
 これが今回のグラフです、2000PRM以下が計れていません。ですから、最初のトルクの山が出ていないのです。
 踏み出しが遅くてタラタラ踏んでるようで、2700回転あたりの山を逃しています。

 上の方は、ブーストのかけかたで、トルクの谷間が無くなったので、馬力の谷間が出なくなりました。
 アクセルの踏み方でパワーの出方が違うと言う、良い例かも??せめて同じ方に計測していただきたかった。実際は自分で踏みたい!!
 結果、332PSの54Kgでした・・・まぁ予想通りといえないことも無いが・・・

 シャシダイのせた時のEVC5の設定です。

7-2
Aモードのブースト補正マップ及びオフセットマップ
7-3
グラフと補正マップから、変更点を決定

 1.回転数の軸を 2000,3000,4000,5000,6000 から 2500,3700,4800,5900,6300に変更
  出だし、最大トルクが出る範囲、パワーが痩せる部分、最大馬力がでる範囲、ピーク超え、エンジン保護ブースト0.9エリアと別けた
 2.アクセルを踏んだ時のメリハリをもっとはっきりさせたい。
  アクセル開度による補正マップの変更をワイドに

7-4

 上記設定で、かなり良い感じになりました。EVC5が正常に機能すれば EVC5の切換で、
 OFF    都内日中用 最大 0.8kPa 十分ですね
 モードB 夜間用 最大 1.23kPa
 モードA お楽しみ用 最大 1.3kPa

としています。アクセルを踏み込んだ時、回転とブーストが上がるので、加速感が味わえて、とっても気持ちよい仕様となっています。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

CUSCO オイルキャッチタンク

6-1

 クスコのストリート オイルキャッチタンク、インプレッサGDB用0.6Lとホースキット15パイ ホース用です。

 ホースキットを買わないと、大気開放となり、車検に通りません。リターンしなくても、排気をどこかへ逃がさなければならないので、なにがしかのホースは必要だと思います。
 車種別に対応しているので、取り付けは簡単ですが、ホースに余裕を持たせないと、溜まったオイルを廃棄できません。
 そのような訳で、ホースがのた打ち回るのであった。
もっと読む»
6-2

 正面から見て右側の、余裕があった箇所にタンクが取り付いて、さらにエンジンルームが狭くなりました。
 もとのパイプを抜くと、やはり油が乗っておりまして、ある程度は効果が出ると思います。
 はたして、全開加速時の白煙は止まるのであろうか??
 また、アクセルを戻したときの吹き返しで、社内が排気ガス臭くなるのも、直るのであろうか??
 エアコンフィルタを変えたらかなり、排気ガス臭は軽減しましたが、この臭いはどっからやって来るんだ??

 効果は2ヶ月程走らないと判断できないかもしれません。

 

— posted by Mediamix at 01:00 am  

パワーグラフ

5-1

 PRSから上がった状態で、乗せてきました。場所はSA東京ベイ東雲です。安いからね!

 都内で普通に走っているときは、下でどかっとくるので、慣れると楽しい・・・
 アクセルの踏み方なんですけど、0.6以下から踏むと、1.2まで上がって0.9で安定
 つまり、200Km/hからでもブースト1.2までかけられる訳で、踏み方でブーストをコントロールできます。

 ただし、踏み続けると上記グラフのように、2700rpmで1.2kPaかかって、そのあと0.9までさがるので、高速飛ばすだけだと、3000~3500RPMあたりで、とくにたるいのです。

 ここらへんを、EVCで解決したいと思っています。

 また、ブローバイガスがかなりひどく、つけたばかりのEVCのパイプにけっこう油が乗っているんです。
 ここらへんも、TOMEIのポンカムとバルタイの問題で、吹き返しがあるんじゃないかと、その油が乗った、吸気のおかけで、排煙が白くなるのと、プラグがよごれるんじゃないかと・・・
 そんなわけで、CUSCOのオイルキャッチタンク(旧型)を楽天から注文しました。

 オイルキャッチタンクは連休中に、EVCのセッティングはほぼOKなので、16日にSA東京ベイ東雲で再度シャシダイかけてきます。
 青の部分が、AVOのブローオフバルブで変わる部分、そして、赤の部分がEVCでの変化するはず?
 予想では、下のトルクが落ちて、上の馬力が上がる予定です。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

ブーストアップ考

4-1

 私の車についているターボは、良く判らないのだが、軸受けがボールベアリングの物らしいです・・・

 どのくらいまで、たれないのか?不明ですけど、結構大きい・・

 EVCをOFFの状態で、ブーストが0.8でした。上記左の状態で、スッパと0.8までかかります。
 えーとEVCのマニュアルを見ると、アクチュエーターの開く値+0.2kPa以上に・・設定って事は、0.9には設定不可能って事ですか?う~~ん、さすがPRS短い時間であっさり仕上げたなぁ・・
 単に1.0にするだけなら、簡単ですがフィーリングの設定が難しいです。
 ハーフスロットルから、フルスロットルにした時、ブーストが上がると、フィーリングは良くなります。
 ブーストが上がらないと、タラタラ回転が上がる感じです。
 伸びがあるエンジンに感じさせるには、回転があがるほど、ブーストを上げないとなりません。
 それは、エンジンにコクだよね・・高速飛ばしていて気持ち良い設定かな・・
 街中で飛ばすには、パンチがあったほうが良いし、峠なんか走る時は、フラットの方が扱いやすいです。

 ここらへんが、プロに任せると気持ちが良いのだろうね!

 一般道でセコセコセッティングして、高速乗ったら、ブーストがかかって、かかって、もう、どうしようも無くなってしまいました・・・
 気温の違い(湿度もあるだろうが)すごくブーストのかかりが違うので、どこで、妥協すれば良いのか?
 PRSが近ければ、直ぐに行くのに・・・

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

HKS EVC 5 と AVOブローオフバルブ

3-1

 言わずとしれた、HKSのEVC 5です。APEXiのAVCは前に、使ったことがあるので、今回はHKSです。

 とりあえず、イージーライターとのセットで買いました、イージーライターはバグ付きなんですねぇ・・
 完全に自分でつけました。取り付けは簡単な部類だと思います。
もっと読む»
3-2

 ブローオフバルブも交換しました。途中まで自分でやって、最後はデーラーに泣きつきました・・
 私の車は1回燃えているので、ほとんど最初からついていた部品が無いのです。
 出来る限り純正置き換えで取り付く部品を買っていますが、微妙に付かない・・・
 インタークーラー外していたら、取り付け時にインタークーラーの取り付け箇所が10mmぐらいずれて、取り付け不可能の状態に、インタークーラーブラブラの状態で、スバル板橋へ駆け込みました。
 忙しい所、すぐに作業に取り掛かっていただき、税込み4200円で、綺麗にしていただきました。
 小加工もあったのに、ありがとうございます。

 こいつの、調整は、とっても簡単で、取り付け後、シュコココって言うバックタービンの音がしない程度に、六角レンチで締め上げれば良いだけです。

 2年前ぐらいに、GDBのものに付け替えていましたが、かなり漏れていたようで、ブーストの立ち上がりが鋭くなりました。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

エンジンルーム静音シート

2-1

 話題の静音シートです。おぉと言うほど、静かになります。

 エンジンが変わって、排気音が低音側に振れて、アイドリングでは、かなり静かです。

 静音シート、付ける気は無かったのですが、PRSから仕上がった車はなんと、 ブーストがオーバーシュート1.2で0.9で安定、レブリミット 6700rpm??
 TOMEIのHPなんか見てると、凄く期待していたのに・・凄いおとなしいセッティング
 前のエンジン壊した私が悪いのか、打合せする時間が少なかったのが悪いのか?
 おとなしい車になってしまいました。それでも、330PSの65Kgのトルクは発生しますけど・・
 ブーストが1.2かかった時は、かなり気持ちよいけど0.9まで、0.3も下がると、そのかんトルコンが滑っている様なフィーリングが、ちょっと不満です。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

退院しました。

1-1
ヘッド研磨

 去年の11月から、プレジャーレーシングサービスに入院していました。

 細かい事はおいといて、ヘッドを研磨してもらっている写真です。
 去年の7月頃からパワーは落ちていないのに、ブーストかかると、白煙を吐いていました、みっともない状態で、乗り換えを考える程・・
 乗り換えるとしたら、STIのA-LINEなんでしょうけど、車両300万で、エンジン廻り150万、足回りブレーキ150万で600万ですから・・
 そんなお金は無いという事で、愛車GGAを修理しました。

○エンジン オーバーホール と 調整
 煙なんとかしておくれ!
 TOMEIのタービンが回らない・・・AVOのハイフロ・インテーク・パイプ付けてもダメ!
 インテークパイプ自体は凄くよいと思います。タービンをGDBのスペCに戻していました
○サスペーション オーバーホール
 ハンドル切ると ギギギギギってバネが鳴ります、なんとかして!

 まぁ注文は、こんな感じでやっていただきました。

   

— posted by Mediamix at 12:00 am  

日本海 福井県

日本海 福井県
日本海 福井県

 高速道路1000円乗り放題?と言うわけで、PRSから、福井県へ向かいました。

 なにぶん、福井県は初めて訪れる県です!やったね。長距離ドライブ?も久しぶりなので、嬉しい!
 大垣ICから北陸自動車道を通って敦賀ICへ、高速道路はスカスカでした。こんなに空いてるなら1000円OKですね!ヘヘヘ
 敦賀ICから一般道で、久須夜ケ岳のエンゼルラインへ向かったんですが、4月1日まで通行止めでした・・・トホホ
 小浜西ICから舞鶴若狭自動車道を通って、大阪市内へ、なぜか1300円、大阪市内へ入るまでは、流れは良かったです。

 問題の車の仕上がりは・・・・
○タービン
 伸びが良いけど、パンチがありません。悲しい、大きすぎるんじゃないか?
 踏んでいかないと、タービンが回りません。走るぞ!走るぞ!走るぞ!
 くらいの、意気込みが無いと、速くならない・・・下で回らないので、燃費が良くなりました。
 ちょっと問題です
○トルコン
 確かに違うのは判るが、う~~ん、エンブレがかからない?何故に??
 オートマのシフトアップ・ダウン時のショックは、マニュアル車で、スカットギアが入った時の感触です。
○足回り
 今までで一番良い仕上がり!!すごく良いです、感動もの!

     

— posted by Mediamix at 04:00 pm  

 

仕上がりました!

いやぁ・・ブログじゃ、工場に出して、次の記事で仕上がりました!だもんね。待っている時間は長いよ!

11-1

 タービン なぜか TOMEI製 ARMS M7760 タービンキット
 プレジャー仕様だそうで、バランス取りしてあるそうです。また、大きなタービン付けましたねぇ・・・
もっと読む»
11-2

 左が、JMOのHPより、右がPRSのHPからの拝借です。
 左の写真で、JMOのロゴの上に★印が付いていますが、これは3個付いているので、ステージ3の物と判ります。
 右の写真は、★が無い!PRSオリジナル仕様だそうです。どう違うのでしょうか??
11-3

 ストリート・スポーツタイプを元に、バネと前後ともピロに変えて頂きました。
 バネレートは、以前乗せていただいたPRSのデモカーより硬く、底付きしないように!とお願いしました。
 その通りの仕上がりで、大変満足、ロールしないのに、サスがしっかり動く・・今までとは大違い
11-4

 なんか良さそうなので、以前買っておいたものを付けていただきました、良くなったかどうかは、サスと一緒に交換しているので、「AVO アンチリフトキット」が良いとは、判断できません。
 総合評価では、とっても良くなっています。

   

— posted by Mediamix at 02:00 pm  

T: Y: ALL:
Created in 0.0412 sec.
prev
2018.6
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30