大塚駅北口 フィリピンレストラン

 大塚駅北口に、怪しいフィリピンレストランがあるのです。
 どこら辺が怪しいか?と言うと、夜間は韓国パブ、深夜フィリピンレストランと変わるのであった!
 フィリピンレストランってはっきり言って、なんかどうしようも無いってか、そこそこ食える、レストランもあるけど、見た目と食べやすさが劣る!、肉も骨のまま入っているし(手を使わないと食えない)、唐辛子なんかもそのまま入っているので、避けて食べないとならない場合がある。
 フィリピンは色々な国から蹂躙されているので、スペイン・アメリカ・日本、入植者?で、中国・マレーシアとかなり、ミックス(サリサリのハロハロ)の国なので、料理もそんな感じである。
 国も島だらけで言語も複数あるので、同じ料理でも北と南(ルソン・ミンダナオ)では味が違う。さて、前置きはこのくらいにして、料理の写真にうつろう!
アドボ

 「アドボ」らしからぬ、「アドボ」です。日本風にアレンジしている、と言っていました。フィリピン人や私からしたら、「アドボ」じゃないだろう!になってしまう。酸味をほとんど感じない、まろやかな味
 味は、食えるよ。先日行ったスペイン料理より旨い。皿が家庭料理である。フィリピン人のお家へ遊びに行くと、だいたいこの程度の物は出てくる、まともなフィリピン料理店がないので、自国の料理を自分で作るので腕があがるのか?
 「シニガンスープ」らしからぬ、「シニガンスープ」酸っぱくないないんだよね~~、日本人があまり酸っぱいと食べにくいから、酸味を抑えてあるそうです。
 まぁ豚肉を使っているから、「シニガン バブイ」となるわけだが・・・
 たしかに食べやすいがフィリピン料理じゃなくて、フィリピン風 料理だろ!まぁ食えるのでなんとも言えないが・・・
 上記2品に、お皿に盛られた御飯2つ、フィリピン料理らしくないく、日本のお米で旨んだよね・・・う~~ん、日本人には食いやすいヨたしかに。
 これにカラオケ歌い放題と焼酎の飲み放題が付いて、2名で5000円ちょっと切るぐらいでした。
 料理を食わせることがメインって感じじゃないけど、まぁ料理は食えます。料理だけの値段だと考えると高すぎ!
シニガンスープ

 さて、フィリピンは温かい国で、25年前ぐらいの地方都市(つまり田舎!)だと、冷蔵庫が各家庭に無かったのです。まぁ各家庭が電気を引いて無かったてのもあるけど、冷たい飲み物などは、近所にあるサリサリストア(小さなコンビニみたいな所)で、購入するので、冷蔵庫無くてもOKかなって感じ。
 気温が高くても湿気が少ないので日本ほど腐りやすくない、御飯も炊いたら、ハエ避けのネットをかけて机の上に放置、料理も作って、一緒にネットの中へ。
 この状態で1日ぐらい持つのです!、私にとってこれはすごい不思議な事でした。料理は基本的に酢を使い、長持ちさせています。また御飯も水分が少ないので、日持ちするみたい。フィリピン料理に酢は付きもの!って感じです。

 ここらへんは、韓国料理の、辛い・臭いのは「残飯や腐りかけの食品とわからないように、唐辛子を混ぜることから始まった」に通じるものがあるわけですけど。
 だって、ビビンバ(だか、ビビンパ・ビビンパブ)なんか、グリングリン混ぜたところなんて、野菜に赤いソースと御飯が入ってぐちゃぐちゃで、残飯みたいでしょ!(ウリナラの歴史はファンタジーなので、ビビンバの本当の発祥はさだかでない)
 まぁ、そんな訳で、酸っぱくないフィリピン料理は如何なものか??

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

T: Y: ALL:
Created in 0.0161 sec.
prev
2010.10
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31