[ Tags :: 料理 ]

うなぎの炊き込みご飯

うなぎの炊き込みご飯
うなぎの炊き込みご飯
楽天から届いた「うなぎ」で作った、炊き込みご飯!私のお気に入り!
もっと読む»
材料

 使用する材料です。写真に不足している材料は、白米・お酒・うなぎ付属のタレ1個・花椒です。
 ウナギは、8本使用しました。1合あたり1本となります。今回のウナギは小さい物が多かった!レンジで解凍してください。半解凍のほうが、切りやすいです。
 カロリーを気にしない方は、こんにゃくは入れなくて結構です。逆に気にする人は、油揚げを抜くかな・・・
 うなぎの下ごしらえです。「こんぶだし」が出ているのはサイズ比較用です。大きさはアナゴ程度・・・とっても悲しい・・・しっぽは、焼きすぎだし、頭付いているし、皮は硬くゴムのようだし・・・ともかく、不味そうな所は排除します。
 その他、キノコは同じような大きさに切りそろえ、ざるに取って良く洗います。油揚げは熱湯を通すか、チンしてから洗って、切りそろえます。
うなぎ

うなぎの切り分け

 お釜に入れる分と、最後に乗せる分に分けます。黒いケースに入っているのは頭の部分や、食べたら美味しくなさそうな部分です。
 8人前(8合)なので、出来あがり用に、8個出来るだけ美味しそうな所を残しておきます。
 その他の材料は、みつ葉とぎんなん以外は、鍋に入れ、お湯を材料の半分ぐらい入れて、茹でます。5分ぐらい中火で沸騰したら、煮汁の色と味を見て、苦みとキノコの風味は時期によってかなり強い時があるので、2/3~1/2ぐらい煮汁を棄ててから、白だし350cc+こんぶだし2本を入れて、再度10分ぐらい煮ます。
 美味しいお米を使っているので、お米に味を強く付けたくないし、色も付けたくないのです。また、ご飯についた味より、具の味が濃くないと、炊き込みご飯らしくありません。
 4号分のお米をといで、キノコを煮た出汁を入れます。具が美味しい時は、薄味で!不味い時は濃いめにします。
 素材が悪いと薄味では食べられません!さて、味の濃い・薄いですが、この時味見して、そのまま飲める場合・・ちょうど良い濃さです。つまり、ちょっと薄いなぁ・・と感じたら、薄味となります。
 水の量ですが、まだ、キノコ(具)から水分が出るので、ちょっと少なめに、具の湿り具合で、多少かわります。また、後でお茶漬けにしたい場合は、水少なめの硬いご飯に、おにぎり・お弁当にしたい場合は、冷えても美味しい水多めの軟らかめに炊きます!水多い少ないと行っても±40cc程度かも、かなりシビアですね!
 安いもの使っている(ウナギは安いか??)訳ではないので、慎重に味の濃さと水分量を決めてください。
4号分のお米

炊き込み前

 うなぎの生臭さを消すために、「花椒」を15~20粒ぐらい入れます。うなぎの臭さによりますが、あまり入れすぎないこと・・・後から粉山椒でもごまかせますから・・
 この状態で、20分ぐらい寝かせます。
 私の家の炊飯釜には、「炊き込みご飯」ってメニューがあるので、それに合わせて炊きます。
 炊飯器にセットしてから、待つこと20分・炊くのに40分、合計1時間あるので、流しは片づけておきましょう!
 炊きあがり10分前ぐらいになったら、オーブンでうなぎを焼きます。なぜアルミホイルか?と言うと、オーブンに匂いがつくのが嫌だから!!鰻の皮を上にして、お酒大さじ2杯と、付属の鰻のタレ(これがまたヒドイ味なので少々・できたらスーパーでタレを買ってください。)をかけます。
 もともと、コゲコゲなんで、風味が上がればOKとします。
 右側の三角形のヤツは鰻の頭です。ちょっと味見用に焼きます・・・つまみ食い用とも言いますが・・・
うなぎを焼く

炊きあがり

 炊きあがりました!手早くかき混ぜて、水分を飛ばし、鰻をまぜます。「ぎんなん」が、へこんでいますが、少したつと、また丸くなります。
 当日中に食べない分は、冷凍します。器に盛って、先ほどの別に焼いた鰻の切り身と、みつ葉を刻んで出来あがり!あと、白菜のお新香がほしいなぁ・・・
 夏を感じる「うなぎの炊き込みご飯」でした!
 鰻の代わりに、鶏肉を使っても美味しいです。その時は、鶏肉の油(皮)の量にもよりますが、「油揚げ」は抜いて、また「花椒」はいらないですね!
 ご飯食いすぎ間違えなしです!!肥満一直線か??

   

— posted by Mediamix at 12:00 am  

ラーメン 食べたい

みそラーメン
マルちゃん 味噌とんこつ
 あぁ、連休後半、なにもすることが無い、よく行く店は紹介しつくしてしまった!そんな訳で自宅でラーメンを作った。
もっと読む»
ラーメン 材料

今日は、味噌ラーメン、あまし外で、味噌ラーメンは食べない私、全体的に安い物ばかり使っています、2人前の場合、もやしは4人前ぐらいありますので、半分だけ使います。ザーサイも10人前ぐらいありますので少しだけ、焼豚は4枚、まんなかの桃屋のやわらかメンマは、適量です。
にんにくおろし・にんにくオイル・ウェイパァー・ペペロンチーノの元は、もやしの味付け用。残りはネギの味付け用です。ペペロンチーノの元ウェイパァー・豆板醤は結構塩分があるので、使いすぎに注意でしょうか?
調味料

たれ

もやしを茹でている間に、ソースを作る、左側がねぎ用のたれです。フライパンでいためると良いけど、とりあえずチンで、熱くします。油に調味料が入った物は炒めた方が風味が出て美味しくなります。
ねぎを切ります、同じ大きさに切ることが肝心・大きさが不揃いだと、食感も味も変わってしまいますから!包丁は調理前に研ぎましょう、切れない包丁だと、味が落ちます。ねぎを切ったら先ほどのたれに絡めます、また、ザーサイもまずかったので細切れにしました。
ねぎを切る

出来あがった具

ラーメンに盛り付けるばかりに揃った具です。面のゆで時間は2分とかかれているので、大忙しです。ラーメンの温度が下がってしまうから、焼豚・メンマ・ザーサイはちょっと温めます。まぁチンですけど
 これで、ラーメンの完成!です。まぁ味噌ラーメンにしては美味しいです。 包丁を使ったのは、ねぎとザーサイだけです。鍋は、片手なべとヤカンの2個、ともかく汚さない事が掃除を楽にします。

 800円ぐらいの、ラーメンの原価が180円前後ですから、自分で作った方が高いよね・・・外で食べるよりは安いけど、すごく安い訳では無い!ですね、まぁ美味しいから許すか!

   

— posted by Mediamix at 12:00 am  

T: Y: ALL:
Created in 0.0187 sec.
prev
2018.9
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30