[ Tags :: AVR ]

サーモスタット

サーモスタット
設定した温度でAC機器を制御したい!


 だんだん熱くなってきました、サーバーを管理している身には、気温の上昇が気になります。
 サーバーを冷やすのに、サーキュレーターや扇風機は、必需品!だけど廻しっぱなしだと、埃がたまって、サーキュレーターをメンテナンスしなければならない!と言う、さらに仕事が増えるのであった!

既存で売っている物
W1401

XH-W1209

W1401 価格 540円
使い方は簡単、左側の表示は、リレーのON温度を設定、真ん中は現在の温度、右側の表示はリレーOFFの温度を設定
設定方法は各々、左右のLEDの下のボタンで行う。
とってもシンプルな作り。
XH-W1209 価格363円 品名が正しいとは限らない・・・
こいつ思ったより優れもの、設定モードから、温度が高くなったら動作するのか、低くなったら動作するのかを設定可能、温度誤差修正、など、値段以上の機能がある。
 共に、価格はかなり安いお店でちゃんと届きそうな店を選んで購入した、高い店では、価格が3倍ぐらいする。
 ケース入りの完成品も数多く販売されているが、それなりに高い。
 どっちの機種でも、良いんだが、どうしようもなく温度が上がったら警告音を鳴らしたい!、また、設定温度を超えたかどうか知りたい。
 まぁ、そんな訳で作ってみた。
サーモスタット1

 とりあえず、ブレッドボード上で組み上げてみた
サーモスタット2

 表示は使いやすくて安いI2C液晶、液晶だけだとさびしいので、LEDも3個 
サーモスタット回路図

 センサーは、LM35Dだと、得られたデータにヒゲがあって、データが安定しないので、DS18B20を選んだ、プローブも売られていて入手しやすい。
サーモスタット 完成品

 デカいよ!、ケースに比べ液晶が小さい!もっと大きな液晶を付ければよかったか?
温度センサー各種

 秋月電子で、DS18B20(秋月電子のは’+’が付いて鉛フリー)を買うと1個300円、高いよ!2個しか買えなかった!
 Aliexpressで買ったセンサーはプローブタイプのDS18B20で10個1806円、DS18B20の単体10個で732円、LM35Dは単体10個で774円、到着に2~3週間かかるけどね・・・
 リレーはモジュールを使っているが、モジュールを使った方が安いと言うか、Aliexpressでリレー単体を購入すれば、リレー単体の方が安いに決まっているが、Aliexpressで買ったモジュールが有ったので使ってみた。
 問題はどうやって、5Vを作るか?と言う事、なんちゃって100Vから直接ってのは、リレーをドライブするにはキツイ。Aliexpressで小型AC-DC 5V500mAのなんて言う物は、1個300円ぐらいする。
 秋月を見てみると、ジャンク??でFOMAの充電機が1個200円で売られていたので、ばらして使ってみた。かなり古い品で中国のクオリティの低い部品が使われているが、2~3年はもつかも??
 設定できる項目は、センサーエラー感知、温度修正、リレー動作温度、リレー動作最低時間、警告音動作温度
 表示している項目は、現在温度・リレー動作中・設定温度・リレー動作履歴・警告履歴となっている。
 モジュールを買っても、結局は組み上げなければならないので、今後自分で組むか(次回は3.3VのPro Miniを使いたいが、ACアダプタとの兼ね合いもあるので、未定)モジュールを使うかは、未定である。

   

— posted by Mediamix at 12:00 am  

中国製 Arduino 各種 追加2

ProMini
www.betemcu.cn の ProMini ??
Aliexpressで買い物する時、安いArduino を見つけると、1Lot (5~10個)をついでに買っている、UNOもNANOもProMiniをバリエーションがあって楽しい!
ProMini

 ページトップのPro Mini だ、ATMEGA328 5V/16MHz と書かれて売られている。
 特徴的なのは、大きなクリスタルが付いている事だ!
 価格は5個単位の販売で、1個240円ぐらいと、超お得!
ProMini

 このショップでは、ATMEGA168 5V/16MHzのPro Miniも売られていて、見た目全く同じ!で、注意しないと危ない
 価格は、10個単位販売で、1個174円程度とすんごく安い!
ProMini

 The Simpleとプリントされた、Pro Mini 何処製と言うよりいろんなショップで売られている。
 Deek Robot 製と全く同じ部品配置、Deek Robotとプリントされてないだけ、マシかも?
 中華製も自分の名前を騙れるようになっただけ、進歩?したのか?価格は1個309円だ!
ProMini

 この機種は3.3V 8MHz版も売られていて、10個単位販売で、232円、5V版も10個売りの所で買えば、安かったと思う。
 届いてから区別する為に、マジックで印をつけた。

 Pro Miniにスケッチを書き込むためには、FTDIのアダプタが必要になる訳だが、これも色々と販売されている。
FTDI 秋月電子製

 秋月電子製で、使いやすそうなのは、「FT232RL USBシリアル変換モジュールキット」未完成品なら、1個800円
 3.3V 5V切替、VCC(VIO) 出力 ON/OFF切替と全ての機能?があり、十分なんだが、配線パターン上、写真右上にFTDI用の信号が出ているので、そこから接続ケーブルを繋ぐわけだが、あまりみっとも良くない。
FTDI CP2102

 中華製で良く売られているのがコレだ、価格は250円とグッと安くなる、チップはCP2102。
 これで、満足していたのだが、最近3.3VのPro Miniを買ったので、3.3V用のケーブルも作らなければならない。
 5Vのまま使っても、Pro Mini自体は壊れないだろうが、Pro Miniに付けている周辺機器が3.3Vだったりすると、壊れる可能性が高い。
FTDI FT232R

 そんな中、見つけたのがこいつ!1個268~454円 価格のばらつきは、売っているショップの違い
 高い店が良い訳では無く、安い店は届かない場合もあるが・・・
 ともかく、6ピン全てをパラレルにFTDIインタフェースに挿すだけ、基板上に5V/3.3V 切り替えジャンパーが付いている。
 まぁ、パラで繋ぐとはいえ、電源ラインには逆流防止のダイオードは入れるようにしている。
 
 この価格で、FT232Rが載っているのでとってもお得だ!
 さて、3.3V版のPro Miniも揃ったので、さっそく、今まで怪しい接続をしていた、ESP8266とかやっすいLCDを、ちゃんと3.3Vで駆動してヤルか!
 (5V-3.3Vの電圧変換モジュールなんかも、多数?在庫があるが、ブレッドボードで組むときにいちいち入れてない)
 意気揚々と実験開始してみると、動かねぇ・・・・!
 
 色々と調べると、Pro Mini 3.3Vを売っていたHPのコメントにやっぱり、動かね~~って言うコメントが複数ある。
 よく読むと、ブートローダーが書かれていないとの事、以前買った Pro MiniにAVR ISPのコネクタが出ている商品があったが、なんで、ISPのコネクタが出ているんだ!と悩んだ、IDEからPro Miniには、AVR ISPではスケッチを書き込むことができないのに!
 ともかく、Pro Mini 3.3VからISPの配線を引き出して、ブートローダーを書き込まなければならない。
ISP Adapter

 写真のUNOは関係ない、手近にあった、UNO付きのブレッドボードを使っただけである。
 バラックで書き込みの動作検証をしたらOKであった、全ての Pro Mini 3.3V を組み立てて(Pinのはんだ付け)ブートローダーを、書き込むのが面倒だったので、ブートローダー書込み用の基板を作った。
ISP Board

 説明が手書きなのが、アレだけど、テプラ使うのが面倒であった。どうせ使っている時は見えないし!
ISP Board 2

 ICで5V作って、AVR ISP MK2に供給している、電源アダプタの出力をPro MiniのRAWへ供給している。
 ダイオードは安全の為、スイッチが付いているのは、書き込みが失敗した時に、Pro Miniの電源を切る為だ。
 さらに、いくらダイオードを付けているとはいえ、FTDIからテスト用のスケッチを入れるときには、電源OFFにした方が安全だからだ。
 
 また、変なアダプタ?が1個 増えた!


   

— posted by Mediamix at 12:00 am  

AVR それとも PIC

ATmega168P
色々な所で書かれている、AVR or PIC ??

 わたしは、PICでワンタイム品の頃に1度 挫折したんだよ~~~
 
 だって、なにか作ってから、もうちょっとココを直したいとか、考えるともう一度、やり直し・・・チャリンとお金がかかる!
なにか実験するたびに、無駄なチップが生まれ、実験する気にもならなくなりました。
パーツや書き込み機は、いつのまにやらお蔵入りで、そのうち誰かにあげてしまった記憶が・・・・誰にあげたかも定かでない。
 
 しかし、帰ってきた AVR と PIC です。AVRもPICも書き換え可能!イエェ~~イ!
 Lチカ(LED チカチカ)しても、また書き直しが出来る!
 チップも安くなって、高機能化と言う事で、さっそく機材一式そろえる事に!

PIC基本

MICROCHIPSのDEVELOPMENT TOOLSと秋月電子のAKI-PICプログラマーVer4
PICパーツ

PICは種類が多く、何を選んで良いか解らない状態なので、自ずとパラパラと部品が増える。
AVR基本

ATMEL AVR Starter Kit 500とATMEL AVRISP MK2
AVRパーツ

AVRはPICにくらべ、種類が少ないので、自分に必要な部品が解りやすい。レールに入っているのはATmega328P
 実験するには、ある程度の配線をしないとならないので、自ずと評価ボードとか買ってしまう。
 チップ付けて、PIN立てるぐらいで、I/Oが出せるのでお手軽だし、値段も安い。
 PIC付きの評価ボードは、1000円前後、AVRの秋月の評価ボード基盤は、1枚150円でした。
 
 さて、何しようか!となると、最初は、Lチカか・・・・やっぱり。
 そんな訳で、ずーとほったらかしでした。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

T: Y: ALL:
Created in 0.0215 sec.
prev
2017.6
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30