[ Tags :: FITシャトル ]

HID バルブ 溶けた・・・

75W HID
75W 球 金具が溶けた・・・

 取り付けてから9か月で、点灯したりしなくなったり・・・・使えなくなったので交換してみた。

75W HID

 配線部分が青いのは8000Kの印である。
 10か月で、金具の部分が溶けて(蒸発して)?無くなっている、ヘッドライトの中を覗いてもかけらが見えない?何処へいってしまうのだろう?本当に蒸発したのか??
 今見ると、取り換えた時に、間違えて100W球を付けたようだ!室内で実験した時は、100W球を付けると、バラストの安全装置が働いて、点灯しなくいなるが、実際に車に付けてみると、どうも電圧が下がるようで、点いている!!

 20Km以上走ってしまったが、明日早々に、交換するべきであろか、そのまま行ってしまうか??
 耐熱性のケーブルまで、溶けている様で、最近100Wの球を見かけないとおもったら、製品に問題があるのだろうか?
 ちなみに、Aliexpressで1セット$14で、1750円ぐらいである。
 しかし、いくら安くても10か月ではねぇ・・・・、手持ちのバラスト100W / 75W 形状 H1 H3 D2x 色 8000K / 6000K となると、2x3x2で、12種類、を1セット買ったとしても、21000円、最近では、D2xしか買わないので、それでも7000円で2セットで、14000円となる。
長持ちするバルブは無いのだろうか??
HID 懐中電灯

HID 55W 懐中電灯
HID スポットライト

HID 100W スポットライト
どうなのこのケーブル 12V8A流れるケーブルには見えない!
 バルブを買う時に、なんとなく、上記2商品も注文してしまった。品質は届いてからのお楽しみ!新たにバルブのストックを増やさなければならないのか??

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

後方 EagleEyeの設置

ATmega328
フィットシャトルの後方にEagleEYEを付ける

今まで、LEDテープ・・・焼ける、シングルEagleEye・・・やっぱり焼ける・・・と今回で3回目です。
つまり、3度目のリアバンパーの取り外しになります。
原因は、放熱効果が無いバンパーへ、LEDを付けていたら、熱で壊れた!って事です。そんな訳で今回は放熱についても考えてみます。
 
 実際にどのくらいの熱を持つのか、生でEagleEYEに13V流してみると、30秒ぐらいで、あっさり赤の球が切れた!
 フィットシャトルで、何回か電圧を測っているが、13Vを超えた事がないので、13Vで計測したが、30秒で切れるとは、予想外でした。
 硬い放熱器を付ける事はできないので、アルミ缶を加工して取り付ける事に、最初はキャップだけで・・・と考えてみましたが、数分点灯していると、キャップだけでは、放熱しきれないことが解り、缶の底の部分や、胴体を利用して放熱しました。

EAGLE EYE

EagleEyeとはこんなもの、アルミのキャップではダメでした。
ケースに入れたところ

ケースは、また100円ショップでクリップが入っていたケース
バンパー外す用意

台(タイヤの下のオレンジ色の部分)?が有ると、楽です。
外した所

あらよ!っとバンパーを外す、バンパーの爪が1個破損・・・寒いから?古いから?下手だから?
取付

ちゃちゃっと取付!配線は綺麗に
放熱処理

アルミの放熱版の状態
 せっかく車検対応スイッチを付けたのに、リフレクタも点灯するように、していたのを忘れた!
 車検までにちょっと回路を追加して、車検対応スイッチでリフレクタも制御できるようにしなければならない!
 出力は、3回路で、青・白・赤のEagleEyeを制御、もう1つ基板上にLEDがあるのは、ブレーキを踏みながら、ポジションを入れた時には、アドバンスモード(MODE 3)へ突入可能な状態に入っている事の確認用、べつにボードは車内の見えない所(右後方のテールランプのあたり)に入れるので、LEDを取り付ける必要は無いが、作成時の動作確認に必要だった。
 
 出来上がりは、まぁまぁ、もっと派手に光らせたかったが、MODE 3の状態で走行したら、かならずパトカーの目を惹いてしまう!
30秒以上ブレーキが踏まれなかったら、ブレーキを踏んだ時、赤を点滅させて、ブレーキに視認性を上げている、60秒ブレーキが踏まれなかったら、MODE 2に移行し、90秒でアドバンスドモード突入可能時は、MODE 3へ移行する。と言うプログラムを組んでいる。
 タイマー割り込みを使って、あるいていどプログラムを書くので、プログラムFLASH容量の多いATmega328P-PUを使用した、アセンブラやCで直接記述するのなら、ATtiny2313で十分であったはず。
 

Firefox では、「Microsoft Windows Media Player Firefox Plugin」が必要です。

   

— posted by Mediamix at 12:00 am  

HID キット

70W HID バラスト
70W 薄型 HIDバラスト
 車検時に、今まで使っていた100Wのバラストを取っ払い、ノーマルに戻してから、ディーラーで車検、そして75WのHIDへ変更した。
HONDAのディーラーの車検は、厳しい!、特にヘッドライトのバルブ純正に戻さなければならない。その他ウインカーやナンバー灯は、そのまま通していただいた。
 HONDAディーラーの車検は、車検場の条件とは異なる。
 HONDA、点かないライト(灯火)があっても良い、車検場では、ライトは全て点灯すること。
 HONDA、純正ヘッドライトでなくてはいけない!、車検場では、点灯してHIビームの時に光軸があってればよい。
 実際は、HIDの時は、光軸の高さを変更できる機能が無ければならない、らしいが車検場でその点を検査されたことは無かった。
 
 なにが言いたいかと言うと、4灯式のヘッドライトを持っているのだけど、ディーラーでは車検が通らなくなるので、車検時に戻さなければならないと言う事、ヘッドライト交換するには、フロントバンパーを下さなければならず、ハードルが高く、我慢してハイワッテージのHID化にしている。
100W HID

 以前使っていた、100WのHIDバラスト、このタイプは、75Wもある。
D2R

 D2R球、D2Rは最近メジャーではなく、入手が困難になっている。
 100W用D2Rを使っていたが、赤丸で囲んだ部分の金属が溶けてなくなっていた!
取付

今回のバラストは、薄型なので、取付は簡単
 100W型のバラストは、今回のバラストに比べて体積は4倍以上あり、さらに熱をもち、1個破損してしまった。
 100Wのバラストは、点灯初期時に7A以上流れ、6Aぐらいで落ち着く、75Wは5A弱で落ち着いた。
 今回の70Wバラストも同じく、5A弱の4A台で落ち着いたが、発振音が出ている。
 バルブに75W球を使っているので、出力は75Wとなる。試しに100Wのバルブを使うと、30秒程度で、消灯してしまう。壊れたか!!と思ったが、安全装置が働いてシャットダウンするようである。
 現在取り付けているバルブは、75WのD2S球
ロービーム

ロービームの写真、ガラスのカットと、球の発光する部分が合わず、ヘッドライトのカットラインが出ない。 リフレクタータイプなので、ギラギラ感が足りない??
ハイビーム

ハイビームの写真、まだまだ?暗いよね、多少なりとも100Wとは違いがあるようだ!
 やっぱり4灯のヘッドライトが欲しいが、2灯式のヘッドライトの良いところは、HIでもLOWでも75Wx2であること、4灯だと、例えば75Wx2+50Wx2などとなってしまう。さらに、ロードライト 20Wx2のLEDまで付けると、フィットシャトルの小さなバッテリーでは辛いだろう。





 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

HIDバルブ 交換

D2R バルブ
左純正、右Y!オクで購入した D2Rバルブ 35W 8000K

 やっすいですねー、1セット3400円でした。昼間交換すればよいんですけど、昼だと明るさが解らないので、夜に交換。
 中間部分に金属?がついているのは、D2RのRたるところ、リフレクタータイプなので、遮光板がついている。
 交換前にWEBで調べてみるとソケットを壊したとか・・・丁寧な作業を行うことを心に誓う!

6000K 8000K
左 純正、右 8000K のバルブ
 それなりに、明るい・・・もっと見えにくくなるかと心配したが、停車している時の明るさの違いはあまりなかった。
 しかし、いかんせん35W ギラギラ感がまったくない。
 フォグライトは、純正のLED 11W、これもあまり明るくない!普通の球のフォグを付けて、HID化するのが正解だと思われる。
 フォグライト横に付いているのは、Aliexpressで購入したEagleEYE、フォグ横の曲面についているので、かなり補正しているが、下向きでさらに、外向きになっている。
 真ん中の青い部分は、HONDA無限の照明付きフロントグリル、このくらいの明るさなら何を付けてもよいのだろうか??
全灯状態
ディライト・フォグ・ヘッドライトの全灯状態
フォグライト無し
フォグライトを消した状態
ポジション+ディライト
ポジション+ディライトの状態
ディライトの仕込み
Aliexpressで購入した EagleEYS の 2灯仕込み
テール周り
LEDリフレクタ+テープLEDを仕込んだ後ろ姿
 走行状態はこんな感じである、ストップを付けると、青い部分が赤く色が変わる。

 ポジ球が青なので、デーラーから注意を受けているので、フロントのポジ球を白いLEDに戻すが、あまり奥行がないので、超高輝度のLEDを付ける事はできない。
 リアのバックライトはT15の長い物が入りそうだ。

 走ってみると、ともかく暗い、フォグライトをつけて、インプレッサの55W HIDと同じ程度・・・、私のインプレッサは、HI 55W LOW 55W フォグ 55W すべて HID仕様なので、あかるいんだよ~~
 この車のバラストを交換して、55Wにできないものか?悩んでしまうほど暗く感じます。
 とりあえず、Aliexpressで、55W D2RのHIDのセットを注文しておく。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

ナンバー灯 交換

アマゾンで買った クリアカバー
アマゾンで購入したクリアカバー
 本当に、光物以外何かないのか!って感じであるが、アマゾンで購入した、クリア加工のナンバー灯、約3000円也
加工済
上部に両面テープでアルミホイルを仕込み、反射させている。
 さて、小さいクリアホワイトのLED球が必要だが、手持ちではこれしかなかった・・・・
 
 さっそく、取り付けチョチョイかと思いきや、このクリアレンズと言うかこの部品、取り付け時に爪が割れるらしい・・・
 「みんから」でよ~~くやり方を読んでから、施工したが、取り外しで爪を割ってしまった。
 残った、レンズで数回、取り付け練習を行った!失敗は許されない!
 球を付けてみると、ケースに当たる!LED球をよーく見ると、ハット?の部分を取り外してもOKなようなので、ハットの部分をポッキと折る
 まぁこれで、LED球は収まるようになった!
 完成写真は後程・・・

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

リフレクタ 交換

フィットシャトル GP2用 リフレクタ
Y!オクで入手したリフレクタ・・・・

 フィットをいじると言っても、光物しかないのか!う~~~ん、ディーラーも厳しいし、見た目純正の物以外付けるのは、非常に難しい。 Y!オクで売られている、純正改造リフレクタ、約13000円する、さらに分配キット3000円、分配キットはどうなっているのか?単に抵抗が入っているだけ・・・・・
 ハハハハ・・・笑うしかない。全部自分で作ればよかった・・・

テールデコ 制御
車検と言うか、ディーラーへ出入りする為のスイッチ
 せっかくバンパーを下すなら、トランクリッドに、テープLEDを仕込みたい。
 全周光らすかそれとも下だけ光らすか・・・センスの問題だろう。
 左の写真はポジションONで青、ブレーキで赤に点灯させるための制御基板、スイッチは車検やディーラーに対応?させる為のON/OFFスイッチである。
 
 やおら作業に入る訳だが、バンパーを下すのがすごく大変だった!、ジャッキで上げた方が作業性が良いと思うが、ジャッキアップすると、当然馬も使うので、大仕事になってしまう。
 車高が高いので、フロアマットを地面に敷いて、どうにかバンパーの下に潜って、タイヤハウスの内貼りの一部から剥がして作業を始めた。
 2度とやりたくない作業だが・・・・もう1つ、バンパー内に仕込みたい光物を入手してしまったので、そのうち下す事になるだろう。
 仕上がりはまとめて、写真をアップする予定である。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

デットニング

デッドニング用機材
デッドニング用機材、ドア4枚分である
 ホンダ純正インターナビ仕様の私のフィットシャトル、音はとりあえず鳴る程度の物、音量を大きくすると、聞いていて気分が悪くなるような状態。
 
 下準備して、取り付け可能なスピーカーとサブウーハーについて調べてみたが、サブウーハーをさり気なく取り付けることは不可能みたいだ、前席下は隙間が無く、後席下は椅子の部分が跳ね上がるので、設置できないというか設置すると跳ね上がった価値がなくなってしまう・・・
 また、純正ナビにはサブウーハー出力などというものは無いようで、RとLの線をぶった切って割り込ませる等の処理が必要なようだ、サブウーハーは諦める事にする。
 ナビごと交換ってのもあるが、通信機能付き(通信料は車検時に含まれるが安いらしい)のナビをとっぱらうってのも、あれだしなぁ・・・ナビを交換したら、もうディーラーに行く必要が無くなってしまうかも・・・
 まぁ、しかたないので、念入りにスピーカーの交換とデットニングを行うことにする。
 
ドアの内張りをはがしたところ
内貼りをはがすと、こんな感じ
 大穴は空いているが、けっこうあっさりした、ドアであった、作業が楽そうだ!
○用意した機材は、以下の通りで、アマゾンで28500円程度!
 エーモン デッドニングキット ハイグレード
 エーモン デッドニングキット
 エーモン ロードノイズ低減マット(M) 写真には写っていない
 カロッツェリア TS-F1720 2セット
 アルパイン インナーバッフルボード KTX-H173B 2セット
 その他、手持ちの材料(以前の作業のあまりもの)
ドア下準備

 作業が楽と思ったら大間違え、ブチルがベットリしたタイプで、もうベタベタでした!
 安くて簡単に手に入って、綺麗にとれるのは、除光液だが・・・しつこくこすると塗装まで落ちてしまうので、できるかぎりヘラでブチルを取り除き、最後にひと拭きする程度まで、除光液の使用を抑えてみた。
 どうせ、シーリングするんだからここまできれいにする必要なないんじゃないか?塗装が落ちて錆びたらヤダし、でも汚いのもヤダからなぁ
 鉄板が薄いので、ドアの外側部分当たる裏側には、できる限り吸音シートを張り付け、ビビりそうな所には制振シートを張っていく。
 大穴には補強の為に裏側から橋渡して、ふにゃふにゃしないような対策をした。
 サウンドシーラントを施工中、シーラントの外袋が破けて、ここでもドロドロベッタリ!まいったね!
ドア完成

 ドア1枚完成、内貼りを外し始めてから、完成まで3時間!
 1日2枚しか作業できなかった!
 まぁ趣味の世界だから許されるのか?
 最後に、気になっていた前席の内貼りをはがして、ロードノイズ低減マットをひいた、なんか足元から音と言うか振動がする車なんだよね・・ 

 完成後の音は、ともかくクリアーな音!抜けが良くて歯切れも良い!
 低音もバランス良く出ているが、大音量で鳴らしたときにサブウーハーが無い分パンチにかけるし、このスピーカーでは低音に無理がある。
 大音量とは、どのくらいの音か?って事だが、信号で止まっていて、後ろのさらに、後ろの車がどっかの馬鹿が、大きな音でカーステ鳴らしている車がいるな!と気付くくらいに、鳴っている状態、このままでは無理だ!(どうでも良い事だが、たぶん効率よくリアゲートを振動させれば行けるかも??)
 ドアを閉めて車外から音を聞いても、それなりに鳴っている。デッドニング前は、外に漏れる音は、ブヨンブヨンとふ抜けた音がしていたが、ドア全体がスピーカーBOX化した事が確認できた。 

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

ハイフラ防止策 その2

ハイフラ防止
ダミー抵抗回路を考えてみた・・・
 まず、ウインカーを点けた場合に、電力を消費すること、ハザードではちゃんと点滅するので、電力を消費しない事、この2点につきる。
 夜、エンジンを止めてハザードを点けっぱなしにして、食事して帰ってきたらバッテリーがあがっていた!なんてのは御免である!
 単にウインカーに抵抗を並列に付けただけでは、ハザードでも抵抗で36Wの電力を消費し、前後とドアミラーのLEDを足すと50Wぐらいの電力を消費することになり、おちおちラーメンもすすれない!
 PIAAのLEDレギュレターでは、どのような処理を行っているのだろうか??
抵抗の仮設置

実際、回路図通りで動作するか?抵抗値は適切か?、電流が流れる抵抗とダイオードだけを付けて実験。
エンジンが回っていない状態で、電圧は12V、エンジンがかかっていると、電圧は14Vあった!
抵抗値を考え直した方が良いかも・・・、良く売られているダミー抵抗は5Ωである。
上記回路では4Ω・・・交換したLEDと元の電球からの差では、帳尻は合っているが・・・
試しに5Ωで実験したら、正常な点灯をしたが、中間を取って22Ωの5本使いで、4.4Ωにしよう。
この状態で触れなくなるぐらい、抵抗は発熱する!
ダミー抵抗

組み上げたダミー抵抗ボード。
大げさなヒートシンク!セメント抵抗を小型のメタルクラッド抵抗に変えれば、もっと小さくなるが、秋月電子通商では、10Wの物しか手に入らないし、40Wで4~5Ωに合成するのが難しい。
Aliexpressなら、50W5Ωなんていう抵抗が売っているが注文から手に入るまで3週間ぐらいかかると思うと、手持ちのコンクリート抵抗+放熱板で組み上げた。
ダミー抵抗設置

実際の取り付け
 
結構時間が、かかるんだよね、配線保護用のチューブに通したり、ダミー抵抗基盤の設置場所を考えたり・・・
特に壊れるような部品もついていないし、発熱も体温程度までしか上がらないので、5~7年持ってほしいなぁと思う。
基盤が黒くなっているのは、「黒ゴム接着剤」を使って防水しているからである。
手持ちの紙エポキシ基盤を使ってしまったが、ガラスエポキシ基盤で組み上げればよかったと後悔している。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

ハイフラ防止策 その1

電子リレー
タイマーIC 555を使った電子リレー
 LED球のウインカーランプに変更した為、ハイフラ状態のフィットシャトル、このままでは車検が通らない、車検まではまだまだあるが、ホンダのディーラーで何を言われるかわからない(出入り禁止とか・・・)ので、どうにかしたい。
 
 WEBで検索すると、先人の足跡により、FITのハイフラ防止策には3つの方法があるようだ!
1.電子リレーや孫市屋のリレーを使いリレー回路を横取りする
 とっても一般的な対処方法
2.LED球に並列して抵抗を入れる
 できるかぎりやりたくない、消費電力が増える
3.PIAAのLEDレギュレター H-538やH-540を取り付ける
 これもOKだが、WEBでぐぐるとなんかうまく行かない場合があるようだ・・・
メーター周り

ディーラーから回路図を調達・・・・しかし、なんかWEBの資料と違うよ!FITとFITシャトルでは違うのか?
確認の為、とりあえず、メーター周りを取っ払ってみる。
メーターコネクタ

ソケットが1個しかない!
この時点でアウト!かなりがっかりしたが、ここまで開けたので、ウインカーを付けたときに12V流れる線を探す。
(メーターについている 左△や右△用の信号ではなく、コントロール信号の方を探す:まぁ回路図に無いのだから無いよね・・)
メーター基盤

悔しいので、メーター基盤をひっぺがし、写真撮影
 
う~~ん、どうしよう、この時点で抵抗を噛ますか、LEDレギュレターを取り付けるしか方法が無い。
ところで、LEDレギュレターはどうなっているのだろうか?余った電力をバッテリーに戻しているのだろうか?それともTRや抵抗などで余った電力を熱に変えているのか?実物を見ないとなんとも言えないが・・・値段的に余った電力をバッテリーに戻してはいないだろう。
それなら、抵抗でも良いのでは??もう少し考えてみることにしよう。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

デイライト を 仕込みたい

AliExpress で仕入れたLED球を使ってデイライトを仕込みたい
どうもホンダのディーラーはメーカーもしくはホンダ無限のオプション以外取り付けたくないようだ!
そうなると自分でやるしか無いのである。

LED-1
9W LEDバルブ
 この大きさで9W光るのか!って思って買ってみたが、ぜんぜん光らない!
 実測値12V流して100mA流れなかった!1Wだね・・・ハハハハ!
 それでも1WのLEDをこの大きさに閉じ込めているので、たいしたものだ。
 1Wなら放熱もこの躯体のままで行けそうだが、金属ステーを使って熱を逃がせるようにするのが無難かも?
 COB(Chip on Board)に見えるので、もしかしたら3Wのモジュールなのかも??う~~ん
 LEDが1Wなのか効率が悪くて1W食っているのかは不明・・明るさも1W程度だし・・・・

 販売元のHPをよく見ると、耐久時間が5~50000時間って書かれていた、5って何・・5時間?
 防水とあるが、弄っていて、レンズがポロンとはずれた、すかさずエポキシで接着したが・・・・
 価格は1個4~6ドルぐらいだ。
 
 下の球もそうだが、レンズが魚眼すぎて車には向かないかも・・・、でもこれは車用で売られている。
LED-2
10W水中・防水 LED球
 10Wアンダーウオーター防水型LED灯 25~30ドル
 フルカラータイプ(RGB)はリモコンが付いてくるが、あまり明るくない。
 実際に通電してみると12V 350mA流れたので4.2Wだ!
 コントローラーのパワー不足ななのか、LEDモジュールが3Wとか5Wが付いているのか不明だ。
 足も見るからに頼りなく4mmのねじで2か所止まっているだけだ!このままでは車に取り付けることはできないだろう。
 フルカラータイプのリモコン付きのヤツは、ポロってレンズカバーが外れてレンズが落ちて、元に戻らなくなってしまった!
 見た目は同じなんだが、ねじの山が少なすぎる・・ほかの物と違うようだそれともオールドストックか?
 フルカラータイプのやつは室内の照明用に使ってるので、G17クリアーで接着して事なきを得た。
10w-1
10W水中・防水 LED球 分解
 さっそく分解してみる。
 こういうセパレートタイプ?は改造や再利用?がきくので好きだ!
 レンズカバー・レンズ・10W LEDモジュール・中間部・取り付け足・コントローラー・裏蓋と分解できる。
 このまま、水につけると、かなり頑張って防水しているのだが、やはり裏の配線のところから水が入りコントローラーがショートするであろう。
 コントローラーからLEDモジュールまで配線用の穴があるので、LEDまで水が浸入するでだろうから、水中での利用はもうひと捻り必要かも。
 シリコンのパッキンが付いているのでかなりやる気はありそうなんだ、野外で使う分には十分な防水能力だと思われる。
 しかし秘めたパワーを持っていので、こいつを仮に倍の8Wや10Wでドライブしたらどんだけ眩しい・・もとえ明るいのだろうか!
10w-2
10W水中・防水 LED球 LEDモジュール
 LEDモジュールは10Wらしきものが付いていた!
 シリコンコーキング材か接着剤で、センターから外れて接着されている!これでは、放熱効果があまりなさそうだ!
 シリコン接着剤みたいな物をきれいにはがして、熱伝導シリコンを塗ってねじ止めすれば良さそうだ。
 う~~ん中国製らしくなってきたぞ!
10w-3
10W水中・防水 LED球 LEDドライバ
 ドライバが空中で浮いている!しかも入力側の配線にヒゲが出ていていかにもショートしそう・・・・
 開けてみてよかった、この製品はこのままでは使えなさそうだ!
 LEDコントローラーICはPT4115、知っているICでよかった。電流制限用の抵抗は0.160Ωなので、625mA流れる予定になっているはず。
 実際に計測してみると、入力電圧10.2Vあたりから、出力電圧9V620mAで安定している。(ブリッジダイオードを取っ払った後の計測であり、パルス制御なので、テスターでは正確な値が出ていない)
 もともと青の10WのLEDモジュールは9~12Vで、800~1000mAのはず、800mA流したいところだが、10分点灯させたところ、35度ぐらいまでケース温度が上昇し15分でさらに熱くなった。
 熱伝導シリコンを塗ってねじ止めする前とはあきらかに、温度上昇に違いがある。購入したまま使っていたら、寿命1日ってことになりかねなかった。また、これ以上高い電流を流すのも、あきらめるしかないだろう。
 ほかにもLED関係は一杯かっているので、追々紹介できると思う。

   

— posted by Mediamix at 12:00 am  

T: Y: ALL:
Created in 0.0429 sec.
prev
2017.12
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31