接写用ライト

Macro Ring Lighting
接写用のライトが欲しい!

 アリエクスプレスで、35~200ドルぐらいで、色々と販売されている、一番昔に見たのは、1年ぐらい前に、洋ドラのCSIで使っていた。

 もんだいは、ちょっとした物を撮影するのに、わざわざ一眼レフを使わなければならないのか??って事。コンデジでは使えないのが痛い。
 コンデジで使えるようにすると、一眼では使えないだろう・・・
 両方で使うとなると・・・・取り付け位置は、カメラを囲むようにLEDを取り付けて、カメラとの接続は雲台で取り付ける??
 丸型は難しいから、角型に・・・、使えるLEDは、車用で使うと熱で壊れるLEDがあった。

LED DPD-14015-0415

 車用のLED照明をばらした所、中には、DPD-14015-0415と言う60 LEDのCOB(なのか?)球だ! 4.8Wと歌っている。
 実際12Vで流れる電流は、たったの0.183Aで2.2Wだけ・・・
 こいつは、14Vぐらい流すと、4.8Wになるようだ!
外枠

 このLEDが付く外枠を作ってみた。
 LEDの長さが140mmあるし、コンデジだけでなく、コンパクト一眼レフを付けるとなりと、このくらいのサイズになる。
 強度も2mmのアルミでL字型でなんて、考えて作ったらかなり、がっしりしたものになってしまった・・・
ATtiny13A

 小さく作りたいので、AVR用の電源は、ツェナーダイオードで作っている、部品点数はたったこんだけで、PWMの調光回路が出来上がる!
 書き込みは、Arduino ISPで、開発はArduino IDEで無理やり開発、数行のプログラムで962バイトでギリギリだ!
普段使い

 普段使っていない時は、普通の照明器具として使っている。
 調光可能だし、アームについているので、使いやすい。
12Vでもフルパワーでの直視は危険?だし、14Vでフルパワーだと本当に眩しい!
 さて、撮影をするとどうなるか! それは、次回のお楽しみだ!
 
 ちょっと使ってみた感じでは、画像の出し入れの事を考えると、WIFI対応のデジカメを使ったほうがらくそうだし、今使っている、DSC-WX30より、DSC-WX200の方が使いやすいだろう。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

マイコン 開発ボード

開発ボード
必用な入出力を1つのボードに組んでみた
 ほとんどの場合、LCD Keypad Shieldがあれば、デバックが出来るが、LCDは表示が遅いので反応が速い物は、LEDか電圧スピーカー(ブザー)で確認した方が解りやすい。
 LCD Keypad Shieldは、利用するピンが、アナログ1個にデジタル7個(内1個は、LCDのバックライトのON/OFF)とピン数を食うし、スイッチのON/OFFにスイッチシールドを付けたり、PIN13以外のLED出力が必要な場合など、さらにArduinoから配線をしなければならない。
 もう、面倒なので自分用の開発ボードを1個組むことした。
Test_board

 電源ラインは3.3Vと5Vの両方が使える
 解放でONとOFFの2つのスイッチ
 I2C接続のLCD
(今考えたらI2Cの出力ピンを出すのを忘れている!)
 アナログ入力のスイッチ5個
 トランジスタによるLED4個(3.3V時にFET駆動用の電圧変換)
 トランジスタによる電圧スピーカー
 予定・FETによるスイッチ4個
 
 下の空いているところはまだ、考えていない。
 基盤が、中国製~~~って雰囲気ですねぇ・・・私が使っているセンサーやシールド系は、ほとんどAliexpressで買っているから、基盤もついでに買った物だと思う。
 LEDがやたらデカいのは、7mmのLED球を中国から500個単位で買ったが、使い道が無くなったので、3mm,5mmより優先して使うようにしている。 
 表題に使っているAVRマイコンボードは、秋月電子の「ATMEGA168/328用マイコンボード(I/Oボード)」150円に、ATmega328P-PUまとめ買い230円を載せたもので、必要な部品しかついていない。
 結構良い値段する、Arduino Unoを壊したくないからだ!




 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

後方 EagleEyeの設置

ATmega328
フィットシャトルの後方にEagleEYEを付ける

今まで、LEDテープ・・・焼ける、シングルEagleEye・・・やっぱり焼ける・・・と今回で3回目です。
つまり、3度目のリアバンパーの取り外しになります。
原因は、放熱効果が無いバンパーへ、LEDを付けていたら、熱で壊れた!って事です。そんな訳で今回は放熱についても考えてみます。
 
 実際にどのくらいの熱を持つのか、生でEagleEYEに13V流してみると、30秒ぐらいで、あっさり赤の球が切れた!
 フィットシャトルで、何回か電圧を測っているが、13Vを超えた事がないので、13Vで計測したが、30秒で切れるとは、予想外でした。
 硬い放熱器を付ける事はできないので、アルミ缶を加工して取り付ける事に、最初はキャップだけで・・・と考えてみましたが、数分点灯していると、キャップだけでは、放熱しきれないことが解り、缶の底の部分や、胴体を利用して放熱しました。

EAGLE EYE

EagleEyeとはこんなもの、アルミのキャップではダメでした。
ケースに入れたところ

ケースは、また100円ショップでクリップが入っていたケース
バンパー外す用意

台(タイヤの下のオレンジ色の部分)?が有ると、楽です。
外した所

あらよ!っとバンパーを外す、バンパーの爪が1個破損・・・寒いから?古いから?下手だから?
取付

ちゃちゃっと取付!配線は綺麗に
放熱処理

アルミの放熱版の状態
 せっかく車検対応スイッチを付けたのに、リフレクタも点灯するように、していたのを忘れた!
 車検までにちょっと回路を追加して、車検対応スイッチでリフレクタも制御できるようにしなければならない!
 出力は、3回路で、青・白・赤のEagleEyeを制御、もう1つ基板上にLEDがあるのは、ブレーキを踏みながら、ポジションを入れた時には、アドバンスモード(MODE 3)へ突入可能な状態に入っている事の確認用、べつにボードは車内の見えない所(右後方のテールランプのあたり)に入れるので、LEDを取り付ける必要は無いが、作成時の動作確認に必要だった。
 
 出来上がりは、まぁまぁ、もっと派手に光らせたかったが、MODE 3の状態で走行したら、かならずパトカーの目を惹いてしまう!
30秒以上ブレーキが踏まれなかったら、ブレーキを踏んだ時、赤を点滅させて、ブレーキに視認性を上げている、60秒ブレーキが踏まれなかったら、MODE 2に移行し、90秒でアドバンスドモード突入可能時は、MODE 3へ移行する。と言うプログラムを組んでいる。
 タイマー割り込みを使って、あるいていどプログラムを書くので、プログラムFLASH容量の多いATmega328P-PUを使用した、アセンブラやCで直接記述するのなら、ATtiny2313で十分であったはず。
 

Firefox では、「Microsoft Windows Media Player Firefox Plugin」が必要です。

   

— posted by Mediamix at 12:00 am  

ELサインボード

ELサインボード
ELワイヤーを使ったサインボードを作ってみた。
 最近はやり?のELワイヤーを使ったサインボードを作ってみた。AVRも使ってみたかったのもある。
 Arduino unoと言いながら、AVRの ATtiny2313 を使っている。価格が殆ど変らない、ATmega328でも良いのだが、ピン数が少ない、ATtiny2313の方が、配線が楽なのと、ATtiny2313でArduino IDEを使ってみたかった。
 ソフトウェアの書き込みは、どこからかHardware.zipを拾ってきて、Arduino IDEがインストールされているフォルダのHardwareフォルダの中へ展開するだけ。
 これで、ATtiny2313がArduino IDEで使えるようになる。実際に使うには、 Arduino IDEのメニュー[ツール]–>[ブートローダを書込む]を選択書き込みが成功すればOKの筈。
 たいしたことしてないのだから、アセンブラで書け!とか言われそうだが、ヒューズビットとか、よく解らないので、Arduino IDEでチョチョイと書いてみた。
全体像

ケースに入れる前の状態、ケースは100円ショップの小物入れ。
AVR基盤

ATtiny2313の出力をFETのSW回路を用いて、LEDやELのドライバを制御
組み立て

ケースを探してから、作ったのでぴったり収まる
完成

ケースに組み込んで、アクリル板を取り付けて完成!
 部品代、700円配線材を入れても1000円以下で、マイコンが使える!夢の様だ!

Firefox では、「Microsoft Windows Media Player Firefox Plugin」が必要です。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

HID キット

70W HID バラスト
70W 薄型 HIDバラスト
 車検時に、今まで使っていた100Wのバラストを取っ払い、ノーマルに戻してから、ディーラーで車検、そして75WのHIDへ変更した。
HONDAのディーラーの車検は、厳しい!、特にヘッドライトのバルブ純正に戻さなければならない。その他ウインカーやナンバー灯は、そのまま通していただいた。
 HONDAディーラーの車検は、車検場の条件とは異なる。
 HONDA、点かないライト(灯火)があっても良い、車検場では、ライトは全て点灯すること。
 HONDA、純正ヘッドライトでなくてはいけない!、車検場では、点灯してHIビームの時に光軸があってればよい。
 実際は、HIDの時は、光軸の高さを変更できる機能が無ければならない、らしいが車検場でその点を検査されたことは無かった。
 
 なにが言いたいかと言うと、4灯式のヘッドライトを持っているのだけど、ディーラーでは車検が通らなくなるので、車検時に戻さなければならないと言う事、ヘッドライト交換するには、フロントバンパーを下さなければならず、ハードルが高く、我慢してハイワッテージのHID化にしている。
100W HID

 以前使っていた、100WのHIDバラスト、このタイプは、75Wもある。
D2R

 D2R球、D2Rは最近メジャーではなく、入手が困難になっている。
 100W用D2Rを使っていたが、赤丸で囲んだ部分の金属が溶けてなくなっていた!
取付

今回のバラストは、薄型なので、取付は簡単
 100W型のバラストは、今回のバラストに比べて体積は4倍以上あり、さらに熱をもち、1個破損してしまった。
 100Wのバラストは、点灯初期時に7A以上流れ、6Aぐらいで落ち着く、75Wは5A弱で落ち着いた。
 今回の70Wバラストも同じく、5A弱の4A台で落ち着いたが、発振音が出ている。
 バルブに75W球を使っているので、出力は75Wとなる。試しに100Wのバルブを使うと、30秒程度で、消灯してしまう。壊れたか!!と思ったが、安全装置が働いてシャットダウンするようである。
 現在取り付けているバルブは、75WのD2S球
ロービーム

ロービームの写真、ガラスのカットと、球の発光する部分が合わず、ヘッドライトのカットラインが出ない。 リフレクタータイプなので、ギラギラ感が足りない??
ハイビーム

ハイビームの写真、まだまだ?暗いよね、多少なりとも100Wとは違いがあるようだ!
 やっぱり4灯のヘッドライトが欲しいが、2灯式のヘッドライトの良いところは、HIでもLOWでも75Wx2であること、4灯だと、例えば75Wx2+50Wx2などとなってしまう。さらに、ロードライト 20Wx2のLEDまで付けると、フィットシャトルの小さなバッテリーでは辛いだろう。





 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

Arduino Uno がやってきた!

ArduinoUNO
Arduino Uno スイッチサイエンスなら永久保証??

 アマゾンで偽物が出て、偽物は、画面左中央の、表面実装 リセッタブルヒューズの色がオレンジじゃないとか・・・
 
 アマゾンで、色々と見ていたら、「Arduino Uno」?? 読めない!「あるどぅい~の??」てのをみつけた。
 なぜ、最初に一番高いスイッチサイエンス製が出てきたのか?解らないが、ともかくポチット!
 つづいて、なんだか解らないが、サインスマートのはじめよう互換キット、LCDキーパッド・シールドを買ってみた!
 合計で、15,000円ぐらい、書籍を入れても20,000円でお釣りがきて、Arduino Unoが2個手に入った。
 
 届いた時に、スイッチサイエンス製のArduino Unoは要らなかったんじゃないか?(高いし、サインスマートより機能が低いから)と、思ったが、今になって考えると、スイッチサイエンス製の参考スケッチとか使わせて頂いているので、買っても仕方ない??と思っている。
 さて、Arduino Unoの何がすごい?のかと言うと、3300円ぐらいで、Arduino Uno本体だけで、パソコンにつないで、Lチカが出来る!
 ハハハハハ;-)、PIN13にLEDが付いているので、LEDを付けたり消したりできるのである!
 無理?をすれば、A0当たりの入力を指で触った事を検知して、LEDを制御できるのであった!f(--;合掌!
 

 まぁさて、それはさておいて、「LCDキーパッド・シールド」があれば、LCDに文字を表示して、キーパッドからの入力を受け付け、空いているPINに何かを繋ぐことができるのであ~~る!
 何かとは、「サインスマートのはじめよう互換キット」に含まれる、センサーや電圧スピーカーなど・・・・ほへへへ~~ん:(

Arduino基本セット

Arduino Uno本体 2台、LCDキーパッド・シールド、ATtiny 13/45/85/2313書き込み機
Arduino と シールド達

とりあえず、ちょっと使ってみたいシールド達
Raspberry Pi

 ちなみにRaspberry Piだとこんな感じの物が必要
 アマゾンで、売られている7と9インチ(8400円程度)のUSB電源出力付き、液晶モニター
 これがあると、Raspberry Piと液晶モニタをHDMIで接続してつかえる。
 問題は、Raspberry Piの起動が遅くて、何かを制御する為には向いていない。
 値段も高いし!まぁRaspberry Piを使って、Linuxによる制御を学ぶことには、ちょうど良さそう。
 Raspberry Piをぶっ壊してもウググッで済むが、パソコン壊したら、かなり家計にやさしくないものね!
 センサー付きの、フォトフレームにでもするか??

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

AVR それとも PIC

ATmega168P
色々な所で書かれている、AVR or PIC ??

 わたしは、PICでワンタイム品の頃に1度 挫折したんだよ~~~
 
 だって、なにか作ってから、もうちょっとココを直したいとか、考えるともう一度、やり直し・・・チャリンとお金がかかる!
なにか実験するたびに、無駄なチップが生まれ、実験する気にもならなくなりました。
パーツや書き込み機は、いつのまにやらお蔵入りで、そのうち誰かにあげてしまった記憶が・・・・誰にあげたかも定かでない。
 
 しかし、帰ってきた AVR と PIC です。AVRもPICも書き換え可能!イエェ~~イ!
 Lチカ(LED チカチカ)しても、また書き直しが出来る!
 チップも安くなって、高機能化と言う事で、さっそく機材一式そろえる事に!

PIC基本

MICROCHIPSのDEVELOPMENT TOOLSと秋月電子のAKI-PICプログラマーVer4
PICパーツ

PICは種類が多く、何を選んで良いか解らない状態なので、自ずとパラパラと部品が増える。
AVR基本

ATMEL AVR Starter Kit 500とATMEL AVRISP MK2
AVRパーツ

AVRはPICにくらべ、種類が少ないので、自分に必要な部品が解りやすい。レールに入っているのはATmega328P
 実験するには、ある程度の配線をしないとならないので、自ずと評価ボードとか買ってしまう。
 チップ付けて、PIN立てるぐらいで、I/Oが出せるのでお手軽だし、値段も安い。
 PIC付きの評価ボードは、1000円前後、AVRの秋月の評価ボード基盤は、1枚150円でした。
 
 さて、何しようか!となると、最初は、Lチカか・・・・やっぱり。
 そんな訳で、ずーとほったらかしでした。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

HIDバルブ 交換

D2R バルブ
左純正、右Y!オクで購入した D2Rバルブ 35W 8000K

 やっすいですねー、1セット3400円でした。昼間交換すればよいんですけど、昼だと明るさが解らないので、夜に交換。
 中間部分に金属?がついているのは、D2RのRたるところ、リフレクタータイプなので、遮光板がついている。
 交換前にWEBで調べてみるとソケットを壊したとか・・・丁寧な作業を行うことを心に誓う!

6000K 8000K
左 純正、右 8000K のバルブ
 それなりに、明るい・・・もっと見えにくくなるかと心配したが、停車している時の明るさの違いはあまりなかった。
 しかし、いかんせん35W ギラギラ感がまったくない。
 フォグライトは、純正のLED 11W、これもあまり明るくない!普通の球のフォグを付けて、HID化するのが正解だと思われる。
 フォグライト横に付いているのは、Aliexpressで購入したEagleEYE、フォグ横の曲面についているので、かなり補正しているが、下向きでさらに、外向きになっている。
 真ん中の青い部分は、HONDA無限の照明付きフロントグリル、このくらいの明るさなら何を付けてもよいのだろうか??
全灯状態
ディライト・フォグ・ヘッドライトの全灯状態
フォグライト無し
フォグライトを消した状態
ポジション+ディライト
ポジション+ディライトの状態
ディライトの仕込み
Aliexpressで購入した EagleEYS の 2灯仕込み
テール周り
LEDリフレクタ+テープLEDを仕込んだ後ろ姿
 走行状態はこんな感じである、ストップを付けると、青い部分が赤く色が変わる。

 ポジ球が青なので、デーラーから注意を受けているので、フロントのポジ球を白いLEDに戻すが、あまり奥行がないので、超高輝度のLEDを付ける事はできない。
 リアのバックライトはT15の長い物が入りそうだ。

 走ってみると、ともかく暗い、フォグライトをつけて、インプレッサの55W HIDと同じ程度・・・、私のインプレッサは、HI 55W LOW 55W フォグ 55W すべて HID仕様なので、あかるいんだよ~~
 この車のバラストを交換して、55Wにできないものか?悩んでしまうほど暗く感じます。
 とりあえず、Aliexpressで、55W D2RのHIDのセットを注文しておく。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

ナンバー灯 交換

アマゾンで買った クリアカバー
アマゾンで購入したクリアカバー
 本当に、光物以外何かないのか!って感じであるが、アマゾンで購入した、クリア加工のナンバー灯、約3000円也
加工済
上部に両面テープでアルミホイルを仕込み、反射させている。
 さて、小さいクリアホワイトのLED球が必要だが、手持ちではこれしかなかった・・・・
 
 さっそく、取り付けチョチョイかと思いきや、このクリアレンズと言うかこの部品、取り付け時に爪が割れるらしい・・・
 「みんから」でよ~~くやり方を読んでから、施工したが、取り外しで爪を割ってしまった。
 残った、レンズで数回、取り付け練習を行った!失敗は許されない!
 球を付けてみると、ケースに当たる!LED球をよーく見ると、ハット?の部分を取り外してもOKなようなので、ハットの部分をポッキと折る
 まぁこれで、LED球は収まるようになった!
 完成写真は後程・・・

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

リフレクタ 交換

フィットシャトル GP2用 リフレクタ
Y!オクで入手したリフレクタ・・・・

 フィットをいじると言っても、光物しかないのか!う~~~ん、ディーラーも厳しいし、見た目純正の物以外付けるのは、非常に難しい。 Y!オクで売られている、純正改造リフレクタ、約13000円する、さらに分配キット3000円、分配キットはどうなっているのか?単に抵抗が入っているだけ・・・・・
 ハハハハ・・・笑うしかない。全部自分で作ればよかった・・・

テールデコ 制御
車検と言うか、ディーラーへ出入りする為のスイッチ
 せっかくバンパーを下すなら、トランクリッドに、テープLEDを仕込みたい。
 全周光らすかそれとも下だけ光らすか・・・センスの問題だろう。
 左の写真はポジションONで青、ブレーキで赤に点灯させるための制御基板、スイッチは車検やディーラーに対応?させる為のON/OFFスイッチである。
 
 やおら作業に入る訳だが、バンパーを下すのがすごく大変だった!、ジャッキで上げた方が作業性が良いと思うが、ジャッキアップすると、当然馬も使うので、大仕事になってしまう。
 車高が高いので、フロアマットを地面に敷いて、どうにかバンパーの下に潜って、タイヤハウスの内貼りの一部から剥がして作業を始めた。
 2度とやりたくない作業だが・・・・もう1つ、バンパー内に仕込みたい光物を入手してしまったので、そのうち下す事になるだろう。
 仕上がりはまとめて、写真をアップする予定である。

 

— posted by Mediamix at 12:00 am  

T: Y: ALL:
Created in 0.0520 sec.
prev
2018.11
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30